体験学習の推進

生産等に関わる人達の努力と食への感謝の念を育む心を養い「食」の大切さを学ぶとともに「食」に関する意識を高め、望ましい食習慣の実現と健全な心身の成長及び豊かな人間性を育むことを目的に体験型の学習会を実施しています。

1 体験学習の出前講座

学校へ出向き、児童・生徒等を対象に総合的な学習の時間や特別活動を活用し、見る・触れる・体験する・食べる等を実感する出前講座を実施しています。

♦ 魚講習会(平成19年度から実施)

県内で漁獲される魚の種類・時期・主な漁法や漁業の課題との取組及び魚の栄養等の基本を学び、また、魚を見る・触る・おろすという体験を通して命の大切さを学ぶとともに生産等に関わる人達の努力や食への感謝の念を育む心を養い、食べることの意味と地場産物の正しい知識を習得するため実施しています。

♦ 竹輪を作ろう!講習会(平成20年度から実施)

竹輪や蒲鉾に加工される魚の種類や漁獲海域を知り、それらの魚を使用し加工したすり身から竹輪に変化していく過程を体験することにより、魚肉を使った加工食品の生産・流通等の成り立ちを学ぶとともに竹輪作り体験を通して、製造等に関わる人達の努力と食への感謝の念を育む心を養うため実施しています。

♦ 手打ちうどん講習会(平成19年度から実施)

県産小麦を使用して、小麦粉から麺になる工程を自らの力で体験し、小麦の生産流通や小麦粉製品について学ぶとともに、物作りの楽しさ・難しさを体験し製造等に関わる人達の努力と食への感謝の念を育む心を養うため実施しています。

♦ ごはん塾(平成21年度から実施)

食の欧米化に伴い、米が食卓に登場する機会が減ってきた今、国内で唯一自給が可能な「米」を見直し、「米」を通じて生産等に関わる人たちの努力と食への感謝の念を育む心を養い、「食」の大切さを学ぶとともに、今後の食生活のあり方や農業の役割などについて考え、ごはん食のすばらしさや、食生活習慣の大切さを再認識する。また、兵庫県立考古博物館の協力により、古代火おこし体験も同時に実施しています。

♦ パン作り教室(平成27年度から実施)

パン作り教室は兵庫県産の小麦粉を使用し、地産地消への取組を推進すると共に、兵庫県のパンの歴史、文化を学び、学校給食用パンの理解を深めるため実施しています。

2 米作り農業体験 ~田植え・稲刈りから収穫・かまど炊飯まで~(平成23年度から実施)

児童とその保護者が学校給食で使用されている兵庫米の田植え・稲刈り体験を通じて、共に体験した児童の気づき、感じたことを分かち合い、次の行動へと生かすなど児童の主体的な活動意識を養っています。また、米の生産・収穫に対する理解を深め、自然の恵みや作り手への感謝の気持ちを醸成し、食に関する意識を高め、体験学習のまとめとして、田植え・稲刈り体験で収穫した米のかまど炊飯体験を実施しています。

⇒ 田植え体験(平成28年5月14日(土))第1回レポートへ

3 地引き網漁業体験(平成23年度から実施)

児童とその保護者が県内の漁獲地に赴き、漁師と交流を深めながら漁業体験を行うことで、さまざまな漁法と県内で漁獲される魚を学び、また、漁獲した魚を自ら調理し食べることで、漁業に対する理解や食に関する意識を高めるため実施しています。

⇒ 地引き網漁業体験(平成28年10月10日(月、祝))レポートへ

4 県産品を利用した親子料理教室(平成23年度から実施)

県内で生産又は漁獲された農畜水産物を使用した料理教室を開催することにより、親子で県産品の正しい知識を身につけるとともに、親子が協力して料理作りを行うことで、親子一緒になって何かを成す親子の協力や親子のコミュニケーションを図るため実施しています。